診療内容

HPV(子宮頸がん)ワクチン接種

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

接種にあたっては有効性とリスクを理解した上受けるようにしてください。


詳しくは厚生省のHPをご覧ください。 2013年6月17日

□□ 小平市の助成制度のお知らせ □□
小平市内在住で、13歳(中学1年生)~16歳(高校1年生相当)の女子の皆様(保護者の皆様)はこちらをクリックしてください。

接種方法と効果 半年間で3回筋肉注射を接種します。
(1回目接種から、2回目は2ヶ月後、3回目は6ヵ月後)
3回接種して初めて十分な抗体(予防効果)が得られるので、必ず3回接種してください。
得られた抗体は、何年かに渡って持続し感染を防ぐことができます。 
10代からの接種がより有効です。
接種対象者 ●10~45歳まで
 特に、10~14歳までの女児が第一の接種対象者として推奨されます。
 ただし、20歳未満の方は保護者の同伴が必要です。 

※次の方は接種することができません。

●10歳未満の方
●妊娠中の方
●その他、問診時に接種が適当でないと認められた場合

※授乳中の方はご相談ください。
費用 1回あたり17,000円(診察料・注射手技料込み)(税別) 
※キャンセルはできません。
※料金は接種日にお支払いいただきます。

ただし、ワクチンには、既存のHPV感染や子宮頚部病変に対する治療効果はありません。
また、ワクチンは全ての子宮頸がんを防ぐものではありません。

★ワクチン接種後も、定期的な子宮頸がん検診を受診しましょう。

接種までの流れ

1.外来予約 初診の方 : 直接来院してください。
再診の方 : 携帯または受付パネルで予約してください。
2.外来受診 ワクチンの説明・接種可能かの確認
予診票・説明書・申込書お渡し
※1年以内のがん検診の結果があればお持ちください。
3.申込書提出 希望者は申込書を出してください。
1回目の接種日を決めます。
4.1回目接種 接種後、2回目の接種日を決めます。
6.3回目予約 1回目の接種から6ヶ月にお電話にて3回目の接種日を予約してください。

ページの先頭へ戻る